• トップページ
  • 当整体院について
  • 料金・コース
  • よくある質問
  • アクセス
トップ > コラム記事一覧 > 身体の痛みや悩みの原因 > 足のむくみや冷え、O脚などの脚のお悩みの改善の為に。

足のむくみや冷え、O脚などの脚のお悩みの改善の為に。

 足のむくみやO脚でお悩みの方は、ぜひ今の時期から改善を始めてみてはいかがでしょうか。

 足(脚)のお悩みを改善していくのに、やはり時間が必要になります。春が近くなり脚を魅せるようになるとどうしても足のむくみやO脚があるとどうしても気になってしまうものです。今の時期に改善を始めることで、これからの暖かくなる季節に向けて大事な準備となります。

 足のむくみやO脚にはそれぞれ個別の問題はありますが、大きく問題になるのはやはり「生活習慣」になります。足のむくみや冷えになりやすい、またはO脚になりやすい生活の中での注意点が存在します。根本的に改善しようとするときにはどうしても少しずつ改善することになります。パッと施術してすぐに変わることができれば理想的なのですが、お身体の問題は施術だけで済むものではなく生活習慣からの見直しが求められます。

 足のむくみや冷えの場合、ふくらはぎなどの足の筋肉の縮みこみが問題になることがあります。足の筋肉が縮みこみを起こすことで、触った感じも硬くなり、その中を通る血流も滞るようになります。心臓から流れる血液が足に届いた後、滞留してしまうと、その中でむくみや冷えまたはダルさや疲れなども感じやすくなります。

 そして、その縮みこみを作るのが生活習慣になります。座り仕事などのデスクワークなどで座る時間が長かったりすることで、足の筋肉を動かすことが少なくなり、筋肉が縮みこんでしまうことが多いのです。また、ヒールやブーツなどの靴の構造上、足の筋肉をうまく使うことができず、つい筋肉が固まりがちになってしまうものです。

 施術により、足の筋肉の縮みこみを解消するとともに、生活の中でも縮みこまないように座り方や歩き方なども見直していくことで、足のむくみや冷えなどになりにくい足を作り上げていきます。

 また、O脚も生活習慣が関与していきます。O脚は「構造的」と「機能的」の2種類に分類され、構造的なO脚は足の骨の変形によるもであり、その場合は生活習慣に関わらず、O脚の形は変わりません。年配の女性に多い変形性膝関節症などではこの構造的なO脚によるものが多いです。しかし、機能的なO脚は生活習慣により作られていくものであります。

 多くのO脚の原因が「内股姿勢」による作られたものです。小さい頃から内股を続けてしまうことで、成長と共に、段々と膝の間に隙間が生まれO脚が作られるようになり、両足をつけて立つと膝の間がOの字のように見られます。日本人に多く見られるのも特徴であり、日本では文化的に膝を閉じるように習慣付けられることが多く、ご自身では気づかないうちに知らず知らずO脚を作ってしまっているのです。

 これも施術によりO脚矯正しながら改善を図るのですが、それとともに、生活習慣の中から見直しをしていくことで、本格的な改善に繋がります。

 足のむくみや冷え、O脚などの足の問題もそうですが、足の重さやダルさ、疲れなどまた足が吊ることや吊りやすいなどの足に起こる問題など、しっかり見直しをこの時期から始めてみてはいかがでしょうか。

ページトップへ戻る

営業案内

【TEL】
03-3682-1720 (予約優先制)
【営業時間】
平日:10時30分~22時00分
   (受付は21時まで)
土日祝:9時30分~19時00分
   (受付は18時まで)
定休日:火曜
【住所】
東京都江東区亀戸4-18-11 近藤ビル1F
JR亀戸駅より徒歩5分

地図

大きい地図はこちら

脚の専門整体

予防する亀のブログ 院長ブログ