• トップページ
  • 当整体院について
  • 料金・コース
  • よくある質問
  • アクセス
トップ > コラム記事一覧 > 身体の話。 > 梅雨による身体の変化。

梅雨による身体の変化。

 6月に入りまして、関東地方も梅雨入りをしました。これから雨が降る日が多くなり、少し気分も憂鬱なものにさせてしまいます。まぁ雨が好きな人もいらっしゃるので、また一概には言えませんが、雨が降ると多くの主婦の方は「洗濯物が乾かない」や、またサービス業の方は「お客さんが減っちゃう」など問題にもなりやすいですが、しかし雨にもしっかり降ってもらわないと、夏の水不足の問題や食物の育成への影響などを考えれば大切なものとなるので仕方ありません。

 基本的に雨が降ると少し憂鬱な気分になりやすいものです。それは身体の自律神経が関係します。自律神経とは、私達の身体をしっかりとコントロールしているシステムであり、全ての細胞を繋ぐ神経で支配しており、常に身体の外部からの温度や湿度、異物などから身体を守るために日々働いております。

 この自律神経はその名の通り「自律」して動いていますので、私たち自身の意思でどうこうできるものではありません。もちろん多くが身体を守るために毎日休むことがありませんが、時にそのシステムのせいか、人間にとって都合の悪いことも時に起こします。

 それが、この時期の身体の憂鬱さの要因の一つになります。雨が続き、湿度が上がると身体の自律神経は緊張や興奮させてしまう交感神経よりも、リラックスや緩和しやすくなる副交感神経を優位にさせてしまう傾向にあるのです。それはある程度仕方のないことですが、雨が降って「よし!今日は頑張るそ!」と考えるよりは「なんかダルいなぁ。面倒くさいなぁ」と思うことはよくあるのではないでしょうか。

 春から夏へと段々と暑くなり、ず~っと暑い日が続いてしまえば身体も持ちませんから、雨の恵みと考えれば良いのですが、それでも雨が降り続いても、何かダルい感じは否めません。しかし、ダルい感じでいることも悪い話ではありません。憂鬱な部分が悪いイメージを与えるかもしれませんが、これが毎日起こるものでもありませんし、また逆にこの状態の逆で緊張、興奮しっぱなしというのも身体には負担となります。

 要はバランスであります。日々自律神経は一年の間で少しずつ変化していきます。どちらかに偏ることが起これば身体のいろいろなところに問題を生じさせ、いわゆる自律神経のコントロールが上手くいかずに自律神経失調症なども起こりやすくなります。一年の中で交感神経が優位な時と副交感神経が優位な時とシーソーのようになることが大事なので、この時期はそういう傾向に落ちやすいと覚えてもらうといいでしょう。

 まぁだからといって、やる気のないことを全て副交感神経のせいにしてはいけません(笑)

ページトップへ戻る

営業案内

【TEL】
03-3682-1720 (予約優先制)
【営業時間】
平日:10時30分~22時00分
   (受付は21時まで)
土日祝:9時30分~19時00分
   (受付は18時まで)
定休日:火曜
【住所】
東京都江東区亀戸4-18-11 近藤ビル1F
JR亀戸駅より徒歩5分

地図

大きい地図はこちら

脚の専門整体

予防する亀のブログ 院長ブログ