• トップページ
  • 当整体院について
  • 料金・コース
  • よくある質問
  • アクセス
トップ > コラム記事一覧 > 身体の話。 > 膝の痛みは軟骨のせい?

膝の痛みは軟骨のせい?

 「歩くと膝が痛い。」「階段を昇るときに膝が痛い。」「または階段を降りるときに膝が痛い」という方が少なくありません。「膝の軟骨がすり減っているから?」「薄くなっているから?」などテレビなどで言われ、また病院でレントゲンを撮り「膝の間が狭いです」など言われ注射を定期的に打つ方もいらっしゃいます。全てを否定はできませんが、軟骨を疑ったり、軟骨のせいにする前に膝を囲む筋肉の問題を考えてみてはどうでしょうか。とくに問題を起こしやすいのは「ハムストリングス」と呼ばれる太ももの裏の筋肉です。この筋肉が緊張している方が膝の痛みを訴えることがよくあります。

 膝の痛みを訴えるときの多くが力を入れている瞬間であります。歩いたり階段を昇ったり降りたりするときは脚の筋肉に力を入れているときです。確かに膝の痛みと考えると膝に問題があると考えてしまいますが力を入れている状況ならば、その膝に力を伝える筋肉に問題があっても膝が痛くなるように感じてしまうこともよくあります。

 イメージとしては鉄アレイを持っている状況に近いです。手で軽い鉄アレイを持っていれば曲げる方の筋肉は疲労し、やがて痛みを感じるようになります。その時に痛みを感じるのは多くは二の腕と呼ばれる上腕二頭筋が疲労し痛みを訴えると同時に肘の関節も痛くなるように感じるものです。

 もちろんその時にも肘の軟骨がすり減ったり潰れたり薄くなっていることはほとんどありません。軟骨に問題はなくても鉄アレイを持っている筋肉が疲労し緊張して固まってくれば肘は痛みを訴えるようになるのです。それは腕の筋肉から痛みを飛ばす関連痛やトリガーポイントの形成がほとんどです。肘の関節自体に何も問題は発生していなくても筋肉が疲労し緊張すれば関節は痛みを訴えるのです。それは肘の関節に問題が無くても肘が痛いように感じるのです。

 これと同じように膝の痛みを訴える方の多くの方に膝を曲げる筋肉のハムストリングスが緊張していることが少なくありません。ハムストリングスが緊張し疲労をしていれば力を入れる状況の時に支えが利かなく膝の部分が痛くなってしまうことも充分に考えられます。

 歩いているとき、階段を昇ったり降りたりした時に膝の痛みが気になる方、もしくは色々な医療機関でレントゲンを撮ったりして軟骨が狭いといわれている方、色々な通販会社の色々なサプリメントを飲んでいる方など、そしてなかなか膝の痛みが変わらないという方は膝を曲げる筋肉のハムストリングスの問題を疑ってみてはどうでしょうか。

ページトップへ戻る

営業案内

【TEL】
03-3682-1720 (予約優先制)
【営業時間】
平日:10時30分~22時00分
   (受付は21時まで)
土日祝:9時30分~19時00分
   (受付は18時まで)
定休日:火曜
【住所】
東京都江東区亀戸4-18-11 近藤ビル1F
JR亀戸駅より徒歩5分

地図

大きい地図はこちら

脚の専門整体

予防する亀のブログ 院長ブログ