• トップページ
  • 当整体院について
  • 料金・コース
  • よくある質問
  • アクセス
トップ > コラム記事一覧 > 身体の話。 > 年齢を築年数と変えてみると・・

年齢を築年数と変えてみると・・

「今までこんなに痛くなったことはない」
「以前ならこんな痛みならすぐに治った」
「何にも悪いことはしていない」
などなど、お身体の悩みや痛みが起こったり、なかなかこれらの問題が解決しないと少しいら立つように話す方がいらっしゃいます。しかもそれがある程度の年齢を超えたころに見られる傾向が強いです。それはやはり40歳前後、アラフォーになると見られ、50歳前後、アラフィフになるとさらに強くなる感じがあります。

 そのお気持ちは充分理解できます。今まで起こらなかったことが起こると当然のように焦りますし、ましてやご自身としては何も思い当たる節がなかったりすれば尚更です。中には現実から目を背けるようにする方もいらっしゃいます。

 しかし、身体はいつまでも若いままではいないのです。10代や20代のように寝れば何でも次の日には解決するような年齢ではないのです。何もしていなくても残念ながらいたるところで問題は起こり始めています。たまたま大きな問題として噴出しなかっただけのことなのです。

 ですからお客様によく例えとしてお話しするときに「自分の身体をビルや建物と考えてみてはいかがでしょうか」とお伝えするときがあります。新しいビルや建物ならば新品できれいで軽く掃除するくらいで充分その建物を保てます。

 しかし、築40年や50年の建物ならばどうでしょうか?もしもそのビルや建物が何もメンテナンスをしていなかったら入居するのもそのそばを通ることも怖いと思います。それは身体も一緒です。

 40年や50年経っている身体に何も問題が起こっていないことはありえません。ビルや建物ならば外装や内装、水道管や電気設備にエレベーターなどありとあらゆる箇所を毎年しっかり点検し、修理して交換して、メンテナンスを施して何十年も使えるように維持しているのです。

 では人間の身体はどうでしょうか?会社や国の健康診断は多くの方が行い身体の内部や内臓などはチェックされていることです。しかし、日常生活で痛みや違和感を出し易い関節や筋肉はどうでしょうか?

 お風呂入って寝るだけなのか、ジム行って運動されているのか、趣味でスポーツされていても身体のメンテナンスはどうでしょうか?普段の健康な状態の時からメンテナンスをされている方は少なく、痛くなってから対処されるのかもしれませんが、それでは時に回復が遅くなってしまうこともあります。

 自分の身体をビルや建物と同じように、年齢を築年数と考えていけば、私たちの身体は80年以上使わなければなりません。80年以上保たせるために身体のメンテナンスを普段から行い、大きな問題が起こらないようにケアしていくことは大切になります。

 お身体のメンテナンスをお考えの方はぜひご相談ください。
身体のメンテナンス、手入れ、予防コースはこちらです。

ページトップへ戻る

営業案内

【TEL】
03-3682-1720 (予約優先制)
【営業時間】
平日:10時30分~22時00分
   (受付は21時まで)
土日祝:9時30分~19時00分
   (受付は18時まで)
定休日:火曜
【住所】
東京都江東区亀戸4-18-11 近藤ビル1F
JR亀戸駅より徒歩5分

地図

大きい地図はこちら

脚の専門整体

予防する亀のブログ 院長ブログ