• トップページ
  • 当整体院について
  • 料金・コース
  • よくある質問
  • アクセス
トップ > コラム記事一覧 > 身体の話。 > 長く健康な身体でいるために。その2。

長く健康な身体でいるために。その2。

 今や世界で有数の平均余命が長い日本、100歳時代とも言われる日本ですが、昔みたいにただ長生きや長寿をするよりも健康的で長く生活ができるような質の面も求められてきました。そしてそのために大切なことはやはり日々の生活であり、予防が大切になってきます。

 身体の部分でも脳や内臓や血管などには人間ドッグや、治療、食事の問題などがありますが、身体の部分でも特に肉体的な面で大切な健康余命を引き延ばすためには大きく分けて2つあると思います。それは・・

・筋力を維持できるようにあげていくこと
・身体の緊張を緩めることを行うこと

 筋力を維持できるように上げていくことと同時に緩めることも行わなければいけません。身体の緊張を緩めることもとても大切なことです。最近ではスポーツジムなどが増えたりマラソンや自転車などもブームになったりして身体を動かしたり鍛えたりする方は非常に増えています。

 筋力を維持できるようにしていくことは長く健康な身体でいるためにはとても大切でとても良いことですが、運動した身体は「回復」させなければなりません。そのためにも運動と手入れをセットで行うことが大切です。運動と手入れはあくまでセットでなければなりません。運動だけでいい。ケアだけでいい。ではなくあくまでセットで行う必要があります。

 特に身体を鍛えているスポーツ選手も若いうちから身体のケアは欠かせません。身体のケアや手入れを疎かにしていると若い時や活躍している時はいいのでしょうが、長く活躍できることが難しくなる傾向があり、しっかりとケアや手入れを行うスポーツ選手がほとんどです。

 若い時はお風呂に入って寝れば回復できたかもしれません。人間が年齢を重ねるということは回復するスピードが遅くなることなのです。「寝れば治る」や「お風呂に入れば疲れは取れる」というのは若い時であって身体の回復力は衰えていくものです。昔なら寝て回復したのがなかなか疲れが取れなくなり首肩腰に痛みを覚えるようになるのです。だからこそ遅くなってくる回復力を身体のケアをして補っていかないと、ある日何もしていないのに身体に違和感や痛みが起こってしまうのです。

 しかし、まだまだ身体を鍛えたり動かしたりはするのですが、ケアや手入れがまだまだ不足している方が多いものです。首肩腰に痛みや不安を覚えている方の多くはいきなり痛くなるものではなく、日頃の疲れが蓄積してケアや手入れが不足して気づかないうちに身体にダメージが起こってしまうのです。

 スポーツ選手ほどではないでしょうが、日頃のケアや手入れは普通に私たちも行うべきです。衰えていく回復する力を補い、日々の手入れを積み重ねていくことで長く健康な身体を作っていきましょう。

ページトップへ戻る

営業案内

【TEL】
03-3682-1720 (予約優先制)
【営業時間】
平日:10時30分~22時00分
   (受付は21時まで)
土日祝:9時30分~19時00分
   (受付は18時まで)
定休日:火曜
【住所】
東京都江東区亀戸4-18-11 近藤ビル1F
JR亀戸駅より徒歩5分

地図

大きい地図はこちら

脚の専門整体

予防する亀のブログ 院長ブログ