• トップページ
  • 当整体院について
  • 料金・コース
  • よくある質問
  • アクセス
トップ > コラム記事一覧 > 身体の話。 > ノートパソコンから首や肩を守る。

ノートパソコンから首や肩を守る。

 座り仕事の方の多くは会社から支給されたものやご自身で購入したノートパソコンを使って仕事をしています。デスクトップパソコンを使う人はデザイナーやゲーマーなど全体からみれば少数派かもしません。高性能化も進み、軽くて持ち運びが出来、働き方改革の流れかもしれませんがどんどん使う頻度が増えている気がします。

 しかし、そんな身近で必要なものだからこそ、悪魔のように忍び寄ってきてみなさんの首肩や腰に負担をかけているのです。ノートパソコンは「悪魔の機械」と書きましたが、まさにその通りであります。

 一番の問題はそのノートパソコンを使う時の姿勢にあります。ノートパソコンのモニターの部分が低い位置にあるのです。それにより、頭が前に出て、首の関節は本来の前彎と呼ばれる「前にカーブする構造」が失われて、椎間板に負担がかかり、首の周囲の筋肉も本来の形と違う状態で緊張を強いられるので、首の関節や筋肉は悲鳴をあげてしまうのです。

 さらに怖いことは人間は悪い環境でもそれなりに慣れてしまうのです。頭の重心の位置が前に行ってもいきなり痛くなることはほとんどありません。むしろその状態の方が楽に感じる(あくまで感じるだけです)ので、悪いことをしている自覚すら生まれません。まさに悪魔の様に目立って悪さをしません。少しずつ忍び寄ってくるからこそ恐ろしいのです。

 ではどうすればいいのか?一つの方法としてはノートパソコンを上に上げることです。それも可能ならご自身の目線の高さになる位です。たまにその対策なのかノートパソコン専用の台みたいなのを見かけますが、それでもかなり低いものです。最低でも15センチ以上可能ならば20センチ近く上げてもいい位です。

 15センチ位上げるとなるともうちょっとしたゴミ箱位の大きさです。思いきって机の上にゴミ箱をおいてその上にノートパソコンを置いて、自分が座った状態からの目線の高さまでにノートパソコンのモニターがくるようにしましょう。

 当然その位置になると、当然ノートパソコンのキーボードを打つのが難しくなりますがそこは新しいキーボードを買ってきてUSB挿して繋げればいいのです。案外、ノートパソコンのキーボードは幅が狭くて使いづらいときがあります。別のキーボードを買って使えれば楽にタッピングもできるのでおすすめです。

 いくらスマートフォンが普及してもまだまだノートパソコンは仕事において必要なものです。しかし必要だからこそ、私達の首肩や腰を悪くしてしまうのが問題になります。

 少しでも負担を減らし、楽に仕事ができるようにしましょう。首肩や座り仕事で腰が辛い方はぜひ当整体院までご相談ください。

ページトップへ戻る

営業案内

【TEL】
03-3682-1720 (予約優先制)
【営業時間】
平日:10時30分~22時00分
   (受付は21時まで)
土日祝:9時30分~19時00分
   (受付は18時まで)
定休日:火曜
【住所】
東京都江東区亀戸4-18-11 近藤ビル1F
JR亀戸駅より徒歩5分

地図

大きい地図はこちら

脚の専門整体

予防する亀のブログ 院長ブログ