• トップページ
  • 当整体院について
  • 料金・コース
  • よくある質問
  • アクセス
トップ > コラム記事一覧 > 身体の話。 > 枕選びより先にすべきこと。

枕選びより先にすべきこと。

 首の痛みや肩こりでお悩みの方は少なくありません。特に朝起きた時に首や肩が凝っている感じが続いたり強く感じると「枕が悪いのかなぁ」と思うようになり、「枕変えた方がいい?」と考える方も多いものです。確かに枕が合わないのはよくないことですし、枕が高かったり、枕をしないで眠ることはオススメできません。自分にあった枕は必要です。

 しかし枕のせいにしたり、枕を変えるのはもっと先の話で良いことです。枕選びの優先順位はかなり低いほうです。首の痛みや肩こりなどを変えたいために、低反発や高性能の枕または自分の首に合った枕をわざわざ測って作るのはもっと先でも構いません。その前に行うべき事がたくさんあり、それらを行って首や肩の根本を解決してから購入をおススメします。

 首の痛みや肩こりを改善していきたい場合、まず行わなければいけないのは病院での画像検査です。レントゲンやMRIなどお医者さんの判断のもとに身体の内部を検査してもらうのが第一です。特に40歳を超えたら可能な限り画像検査をすることは改善の第一歩です。「以前に撮ってもらったこたがあるよ」とおっしゃる方もよく話しを伺うと「何年も前に撮った」という方は多いです。年齢が高ければ高いほど問題は一年いや半年位でも起こります。「どうせ何も言われないよ。湿布出されて終わりだよ」と言いたい気持ちまわからなくもないですが、それでも問題が無ければないで良いことなので、撮った方が良いです。

 その後に当院でのようなカイロプラクティックやしっかりした整体院で施術をする事をオススメします。特に首の痛みや肩こりの問題となるのは首の筋肉の緊張です。身体に起こるストレスや生活習慣、姿勢などが首や肩の筋肉を緊張させ、動きづらくなり首の痛みや肩こり感を生みます。「寝違えや首の痛みは枕の問題よりも首の機能的な問題です。

 自分では気づかない位小さな負担が身体を緊張させ、首や肩の動きを悪くさせます。本来ならその疲れも寝る事で取れていたものが、首や肩の筋肉の緊張が強くなり過ぎると寝ても疲れが取れづらくなり、朝から起きると首や肩が凝っている、疲れが抜けづらいなど感じてしまっているのです。

 そのような首や肩の筋肉が緊張状態で「枕」を変えたとしてもあまり効果は期待できません。それよりも自分の身体を変えない限り、元の木阿弥です。自分の首を変えることが先です。

 枕のテレビやマスコミの広告ではいかにもなことを伝えていますが、悪い首や肩の状態でそれに合う枕はあまり意味がありません。「自分に合った枕は必要ない」枕選びを否定はしませんが、枕選びは自分の身体の状態が良い状態になってから選ぶことをオススメします。

 首の痛みや肩こりでお悩みの方はぜひご相談ください。

ページトップへ戻る

営業案内

【TEL】
03-3682-1720 (予約優先制)
【営業時間】
平日:10時30分~22時00分
   (受付は21時まで)
土日祝:9時30分~19時00分
   (受付は18時まで)
定休日:火曜
【住所】
東京都江東区亀戸4-18-11 近藤ビル1F
JR亀戸駅より徒歩5分

地図

大きい地図はこちら

脚の専門整体

予防する亀のブログ 院長ブログ