• トップページ
  • 当整体院について
  • 料金・コース
  • よくある質問
  • アクセス
トップ > コラム記事一覧 > 身体の話。 > 見えない疲れが身体の問題を起こす。

見えない疲れが身体の問題を起こす。

 現在世界中で起こっている新型コロナウィルスによる自粛生活は多くの人間が今までに経験したことない生活を強いられています。もちろん私達人間には知恵や工夫がありますからしっかり乗り切れるはずです。ステイホームの際にも色々楽しめるようにしてストレスをなるべく少なくできるようにしていきましょう。

 このような自粛生活やステイホームは少しずつ身体に「見えない疲れ」を引き起こしてしまっています。それが身体の緊張です。人間の身体は適度な刺激が来ないとどんどん緊張してしまうようになっています。緊張はそれこそ身体の自律神経のバランスを崩し、少しずつ少しずつ目に見えないように身体に問題を起こしていくのです。

 当整体院に普段から身体の手入れにいらっしゃっていただいてる方は多いのですが、緊急事態宣言が発令してからというもの、ほとんどの方がその見えない疲れにより身体の緊張が強くなっているのを感じます。スポーツジムでの運動や定期的なカイロプラクティックによる身体の手入れなどで、日頃の予防ができているお客様でもいつもの150%増し位の感じで筋肉の緊張や関節の動きの悪さ、身体のバランスが崩れていることがわかります。

 これはカイロプラクティックの施術をしている人間だからこそ感じるものです。身体の問題というのはいきなり問題になることはまれです。大きな外力によって何かが傷ついたり壊れたりするならば別ですが、日常で見られるほとんどの痛みは少しずつ身体の緊張が強くなっていくことで生まれるものです。首や肩、腰や膝の痛みの多くは緊張によるものです。

 「痛そうですね」と私達が施術中に声をかけても「何でわかるんですか?」と聞かれることがありますが、痛くなる身体は身体の緊張が強くなっていくことがほとんどだからです。その身体の緊張度合いで今これくらいの状態で放っておけば悪くなるのは触れている手を通じてわかるものなのです。

 しかしこれはお客様自身ではなかなか気づきづらいものです。人間の身体はある程度、抵抗する力や我慢する力がありますのでこちらが「痛そうですね」と伝えても「そう?全然大丈夫だけど」と答えられるのもまたほとんどです。

 なかなか自分で自分が疲れていることや痛くなるのはわかりづらいものです。だからこそ多くの人が「何もしていないのに」「いきなり痛くなった」と疑問に思っているのです。今まさに多くの日本人が緊張している中で生活しています。見えない疲れを重ねて身体が緊張していき、痛くなりやすい手前までいるのです。

 見えない疲れをしっかりと手入れしてこの難局を乗り切っていきましょう。気になることがあればご相談ください。

ページトップへ戻る

営業案内

【TEL】
03-3682-1720 (予約優先制)
【営業時間】
平日:10時30分~22時00分
   (受付は21時まで)
土日祝:9時30分~19時00分
   (受付は18時まで)
定休日:火曜
【住所】
東京都江東区亀戸4-18-11 近藤ビル1F
JR亀戸駅より徒歩5分

地図

大きい地図はこちら

脚の専門整体

予防する亀のブログ 院長ブログ