• トップページ
  • 当整体院について
  • 料金・コース
  • よくある質問
  • アクセス
トップ > コラム記事一覧 > 身体の話。 > 足のむくみをしっかり取りましょう。

足のむくみをしっかり取りましょう。

 足のむくみでお悩みの方もそうですが、意外と足のむくみを自覚していない方もたくさんいらっしゃいます。施術をさせてもらう時に足のむくみがあることを指摘するのですが、たいていの方は「えっ?むくんでるの?」と驚かれます。確かに、ご自身で意識できるほどの強いむくみではないので気にはならないでしょうが、足のむくみを放っておいて良いことはありません。

 それというのは足のむくみを起こしている人のほとんどは、色々な身体の問題を同時に抱えている人が多いのです。それは肩こりであったり腰の痛みであったり、そして中には頭痛や胃の痛みがある人も多いです。言わば足のむくみは身体の問題を映し出す鏡とも言えるのです。

 足のむくみは静脈瘤や腎臓や血圧などの問題を除いて、その原因は「ふくらはぎの筋肉を動かしていない」ことにあります。お仕事的に言えばいわゆる立ち仕事や座り仕事というほとんどふくらはぎの筋肉を動かすことが少なかったり、運動する機会が少ないと足のむくみが起こります。

 足のむくみが何故ふくらはぎの筋肉を動かさないと起こるのかと言いますと、身体にある水分というのは基本的に地球の重力によって、常に下の方に溜まろうとしています。生活をしている限り常に体中の水分は落ちていき、下にある足に溜まっていきます。本来ならその下がった水分をふくらはぎの筋肉の動きによって、また静脈の構造である弁の働きにより、下からポンプの働きをして上に押し返していくことで循環が起きむくみの問題はなくなります。また、夜には横になることで重力の影響が少なくなり、上の心臓に返しやすくなるのです。

 つまり、ふくらはぎの筋肉を動かすことが足のむくみの解消に一番いいのですが、それが立ち仕事や座り仕事ではほとんど起こりません。その累積が足のむくみを引きおこしてしまいます。

 そして、その原因がふくらはぎの筋肉の緊張を作ってしまいます。身体の筋肉は適度に動かすことによりゴムのように伸び縮みして色々な身体の循環を生み出します。しかし、立ち仕事や座り仕事でふくらはぎの筋肉を動かさない人は全身もそうなのです。全身を動かすことがないから、ふくらはぎも当然動かすことが少なく緊張していくことで、循環が低下しているのです。

 足のむくみがある方の中には、よくある市販のキツメの矯正する締め付けるタイツを履いて寝ている方も多いでしょうがその効果も最初のうちだけが多いです。それはやはり周りから支援つけていても足のむくみの問題となるふくらはぎの筋肉の緊張は変わっていないからです。

 しっかり足のむくみの問題になるふくらはぎの筋肉の緊張を緩めさせてもらうことは身体全体にもいい影響を起こします。お身体の問題で気になる方は足のむくみから改善を始めるのも大切といえます。

ページトップへ戻る

営業案内

【TEL】
03-3682-1720 (予約優先制)
【営業時間】
平日:10時30分~22時00分
   (受付は21時まで)
土日祝:9時30分~19時00分
   (受付は18時まで)
定休日:火曜
【住所】
東京都江東区亀戸4-18-11 近藤ビル1F
JR亀戸駅より徒歩5分

地図

大きい地図はこちら

脚の専門整体

予防する亀のブログ 院長ブログ