• トップページ
  • 当整体院について
  • 料金・コース
  • よくある質問
  • アクセス
トップ > コラム記事一覧 > 身体の話。 > コルセットに頼らない身体を作る。

コルセットに頼らない身体を作る。

 長年の腰の痛みや繰り返すぎっくり腰でお悩みの方の中には「日常的にコルセットを使用している」方がたくさんいらっしゃいます。「いつもコルセットを付けている」「コルセットをしていれば問題ない」「コルセットをしていれば大丈夫」など日常でコルセットを手放せない状況になってしまっています。

 もちろん、コルセットをしていれば腰への負担が軽減できますので、安心して生活が送ることができます。コルセットをして腹腔内の圧力を高めていれば、何をしていても腰への問題を感じづらくなるので、ついつい朝起きたら、また仕事の時になど日常的にコルセットを付けてしまう気持ちはよくわかります。

 まったくコルセットを否定するつもりはありません。急性の時にはまだまだ腰を支える力が弱いので、コルセットをしてもらう時がありますし、また、どうしても腰に負担のかかる作業を行う時、重いものを持ったり、車などに長時間乗らなければならないなど、必要な時には痛くならないためにもコルセットをしてもらい、腰へのダメージを減らすようにしてもらうことはよくあります。

 しかし「コルセットをしていれば楽だから」という理由で、ついつい使う頻度が増え、いつのまにか日常的にコルセットを遣い、手放せない状況になってしまえば、やはり腰の問題になってしまいます。コルセットに慣れてしまえば、どうしても腰回りの筋肉や関節が上手く使えなくなり、腰痛が慢性的になってしまいます。

 だからこそ、コルセットに頼らない腰に変えていかなければなりません。

 最初は大変かもしれません。コルセットを付けないでいれば、何かするたびに腰に痛みを感じてしまい、どうしてもコルセットをしたくなってしまいます。しかし、少しずつ腰への負担を少なくできるように、腰回りの筋肉の緊張の緩和や腰や骨盤の動きの回復、日常生活の見直しや身体の使い方、そして、腰回りの筋力を強化することを行っていって、少しずつ腰の回復を目指しコルセットをしないでも大丈夫な状態にしていきます。

 基本的に行うことは腰痛からの改善と変わりません。ただ、長く腰痛をされている方やぎっくり腰を繰り返している方はどうしてもご自身の経験からか諦めてしまう傾向にあります。「あ!またこの痛みか」「これくらいなら大丈夫」「少し寝ていれば戻るよ」と過去の経験に照らし合わせて判断してしまうので、どうしても回復を遅らせます。

 コルセットは使いようです。決して、いつも日常的に使う物ではありません。確かに頼りたくなる気持ちもわかりますが、しっかりと腰の根本的な改善を目指してもらうと嬉しいです。

ページトップへ戻る

営業案内

【TEL】
03-3682-1720 (予約優先制)
【営業時間】
平日:10時30分~22時00分
   (受付は21時まで)
土日祝:9時30分~19時00分
   (受付は18時まで)
定休日:火曜
【住所】
東京都江東区亀戸4-18-11 近藤ビル1F
JR亀戸駅より徒歩5分

地図

大きい地図はこちら

脚の専門整体

予防する亀のブログ 院長ブログ