• トップページ
  • 当整体院について
  • 料金・コース
  • よくある質問
  • アクセス
トップ > コラム記事一覧 > 身体の話。 > 夏の身体「身体の話」

夏の身体「身体の話」

 暑い季節が続いております。夏の本番はこれからという感じでしょうか。夏の暑い季節は身体にとっても大変負担になりやすい季節であります。

 この暑い季節に対して、身体は暑さをしのぐために、身体の全身を支配する自律神経は副交感神経を優位にして、夏を過ごそうとします。副交感神経は身体を支配している自律神経の2種類あるうちの一つであり、生活の中で日中に優位に保ち、身体全体を緊張興奮させる交感神経とは違い、夜間に優位になり、身体をリラックスさせるための神経であります。

 暑い時に身体全体が緊張したり、興奮することはますます身体にとって負担となる事であるので、少しでも負担を抑えるために、副交感神経を優位にすることが身体にとって最適であり、また自然な摂理でもあります。

 この神経が優位な時は身体をリラックスさせてしまうので、時にダラ~ッとしたり感じるのはこの神経のせいとも言えます。

 そこで、問題になるのがエアコンであります。エアコンは確かに大事です。エアコンのおかげで、暑い夏でも快適に過ごすことができたり、寝苦しい夜もぐっすり眠ることができ身体の回復の手伝いになります。今ではエアコンは当たり前のものであり、欠かすことのできないものになりました。

 暑い夏、そして、冷えたエアコンの空調。この2つの世界が壁や扉一枚を通して、世の中に存在ているのです。建物や乗りもなどの出入りで感じる気温の変化に対し、体温もそれに合わせて調整することで、身体の内部は36度前後に保たれているのですが、これが日常の至る所で起こるのです。

家を出る。暑い外を歩く。電車に乗る。電車から降りる。暑い外を歩く。コンビニに入る。コンビニを出る。暑い外を歩く。会社に入る・・・

 これを繰り返しているだけでも相当身体の自律神経は目まぐるしく、負担を受け不調の原因になるのです。

 自律神経は自分でコントロールすることが難しく、どちらかと言えば身体を守るために存在します。その自律神経が乱れてくれば単純に、身体の疲労やダルさを起こしたりするだけではなく、肩こりや腰痛などの身体の痛み、原因がわからない身体の不調など色々な所に影響を及ぼしてしまうのです。

 身体への影響を避けるために、可能ならば気温の変化を身体に与えず、暑い時は暑いことを受け入れた方が身体にとって自然なものなのです。夏の身体は暑さを和らげるために、しっかりと自律神経を働かせることが一番であり、それが身体を健康に保つ大事なポイントになります。

ページトップへ戻る

営業案内

【TEL】
03-3682-1720 (予約優先制)
【営業時間】
平日:10時30分~22時00分
   (受付は21時まで)
土日祝:9時30分~19時00分
   (受付は18時まで)
定休日:火曜
【住所】
東京都江東区亀戸4-18-11 近藤ビル1F
JR亀戸駅より徒歩5分

地図

大きい地図はこちら

脚の専門整体

予防する亀のブログ 院長ブログ