• トップページ
  • 当整体院について
  • 料金・コース
  • よくある質問
  • アクセス
トップ > コラム記事一覧 > 身体の話。 > 長く健康な身体でいるために。

長く健康な身体でいるために。

 今や世界で有数の平均余命が長い日本、100歳時代とも言われる日本ですが、昔みたいにただ長生きや長寿をするよりも健康的で長く生活ができるような質の面も求められてきました。そしてそのために大切なことはやはり日々の生活であり、予防が大切になってきます。

 身体の部分でも脳や内臓や血管などには人間ドッグや、治療、食事の問題などがありますが、身体の部分でも特に肉体的な面で大切な健康余命を引き延ばすためには大きく分けて2つあると思います。それは・・

・筋力を維持できるようにあげていくこと
・身体の緊張を緩めることを行うこと

 この2つがバランスよくできていけばよい長く健康な身体になることができます。そして、身体の問題を訴える方の多くはこの2つのバランスが出来ていない方が圧倒的に多いです。

 まずは筋力を維持できるように上げていくこととは、「健康=筋力」と考えてもいいぐらいです。首や肩、腰や膝が痛くなる理由の一部に筋力低下があります。身体を動かす筋力がしっかりあればある程度の問題はカバーできたり支えてくれるので楽に生活ができます。例えば階段の上り下りの膝の痛みも筋力が低下しやすい女性に見やすい傾向がありますし、階段の上り下りと言う身体の何倍も支える力を生み出す筋力がしっかり使えれば痛くなる機会も少なくなります。

 人間は年齢とともにどうしても筋力は低下します。何もしなければ尚更です。男性よりも女性は筋力が落ちやすいので、年齢による筋力の低下をカバーできるように筋力を上げるようにトレーニングしていくことは行ってほしいのです。

 しかしそこで勘違いしてほしくないのが「私運動しているから大丈夫」という考えです。「ジムに行ってるから大丈夫」「走っているから大丈夫」などもそうです。運動するということは疲労も当然蓄積します。そして運動することは筋肉や関節にも負担をかけています。運動することは大切なのですが、身体の疲労や筋肉や関節への負担をケアしていかないと運動していることで逆に問題にもなってしまいます。

 また運動と言ってもそれが適切に行えているかは難しいもの。あくまで運動とは筋力を強化するものと考えます。ヨガや自宅での体操、家事や庭掃除などでは身体を動かしているとはいえ、運動と呼ぶには物足りません。また今ではウォーキングも運動強度としては少ないものであり「ウォーキングしているから大丈夫」と言うのも少し問題です。もちろん何もしていないよりはやっている方がいいのですが、効果を適切に受けられているかというと少し疑問です。

 あくまで年齢の低下による筋力低下をなるべく少なくする位に身体の中の大きい筋肉を刺激して筋力の維持を図るようにすることは長く健康な身体でいるために大切な2つのうちの一つです。

ページトップへ戻る

営業案内

【TEL】
03-3682-1720 (予約優先制)
【営業時間】
平日:10時30分~22時00分
   (受付は21時まで)
土日祝:9時30分~19時00分
   (受付は18時まで)
定休日:火曜
【住所】
東京都江東区亀戸4-18-11 近藤ビル1F
JR亀戸駅より徒歩5分

地図

大きい地図はこちら

脚の専門整体

予防する亀のブログ 院長ブログ