• トップページ
  • 当整体院について
  • 料金・コース
  • よくある質問
  • アクセス
トップ > コラム記事一覧 > 身体の話。 > コルセットの選び方。

コルセットの選び方。

 腰が痛い時、コルセットをしている人がいらっしゃいます。コルセットをすることで腹圧を高め腰の負担を軽減できますからとても楽なアイテムです。

 当整体院ではコルセット自体はおススメしませんが、それでも腰が痛くても移動しなければいけなかったり、仕事をしなければいけなかったりすることもあるので、コルセットをすることは仕方のないことでもあります。

 コルセットを使用している人の中にはコルセットの選び方を間違えている方も少なくありません。私たちが使うコルセットは市販されているもので充分ですが、それでもコルセットという腰を保護しなければならないものであるのにも関わらず、その目的を果たしていない商品があるものであったり、また使い方を間違えてしまっていることがあります。

 コルセットの選び方は自分の現状や目的に合ったものを選ばなければいけないのですが、とりあえず買って付けているという方もいらっしゃいます。お客様自身が以前から使っているコルセットを見せてもらうことがありますが、目的に合ったコルセットを選べている方は少ないものです。特に固定力が少なかったり、縦の長さが短かったりするものを使われているのは非常にもったいない話です。

 基本的にコルセットは何のために使うのかというと、腰の保護のためにです。日常や仕事で腰への負担を減らすためにあるていど動きを制限するためにコルセットを使って腰への負担を減らしたいのです。

 腰が痛い時にはこの腰への負担を減らすために大事なのは腰の上下にある「肋骨」と「骨盤」を繋いで1本の筒となるようになり腹圧を高めて腰への負担を減らしたいのです。そのためには肋骨と骨盤を繋げる長さとその腹圧を補佐する固定力が必要なのです。コルセットは肋骨と骨盤にかかる位縦の長さが無ければいけません。そうでなければコルセットとは呼べません。

 またそういうコルセットを使っているにもかかわらず、そのコルセットをする位置も肋骨と骨盤にかけて巻くのではなく、腰や骨盤の位置に下げて巻いてしまっている人も多いものです。それではコルセットではなく骨盤ベルトになってしまいます。それではやはり効果がありません。

 コルセットは腰痛予防には当整体院としてはおススメしません。コルセットに頼るよりはいかに身体の使い方や座り方、腰の構造や機能を理解していかに腰痛にならないようにしていく方が長い目で見ても得策と考えています。

 それはコルセットに依存してしまうことになるからです。腰の痛みを怖がってしまうことでどんな時でもコルセットをするようになったり、手放せなくなってしまうのは非常に怖いことであります。そうならないようにしていくのが当整体院の仕事なのでコルセットに頼らない腰や腰痛を克服したい気持ちがある方はぜひご相談ください。

 今コルセットをしている方、コルセットが手放せない方、腰痛から脱却したい方はぜひご相談ください。

ページトップへ戻る

営業案内

【TEL】
03-3682-1720 (予約優先制)
【営業時間】
平日:10時30分~22時00分
   (受付は21時まで)
土日祝:9時30分~19時00分
   (受付は18時まで)
定休日:火曜
【住所】
東京都江東区亀戸4-18-11 近藤ビル1F
JR亀戸駅より徒歩5分

地図

大きい地図はこちら

脚の専門整体

予防する亀のブログ 院長ブログ