• トップページ
  • 当整体院について
  • 料金・コース
  • よくある質問
  • アクセス
トップ > コラム記事一覧 > 座り方の問題。 > イスには深く座る?座らない?

イスには深く座る?座らない?

 お客様に「腰痛にならないための座り方」の話をしている時に「イスに深く座った方がいいんでしょ?」とよく聞かれます。確かに、イスにゆったり座ることが身体にいいように思われるのでしょうか、結構この問題は説明が難しいものです。

 イスに深く座るというのは、必ずしもいいとは言えません。それというのも「深く座る」ということは「イス次第」になるからです。

 「身体によいイス」であるならばイスに任せて深く座ることで身体をうまく保つことができますが、イス自体が自分の身体によくなければやはり身体への負担となってしまいます。

 問題なのはイスに深く座ることで、身体が90度になることで腰が屈んでいる状態に近づき、腰痛に繋がりやすくなることです。以前にも書きましたが、90度に座るのは行って欲しくないものであり、腰にとって90度でいることは負担になっていますので、どのイスでも深く座ることをしていれば段々と腰は痛くなってしまいます。

 ではどのように座ればいいのかというと、「大腿(太もも)の真ん中まで」イスの座面に乗っていることをおススメします。それはお尻にある「坐骨」とと「太ももの真ん中」の「4点」で身体を支えるイメージです。

 「坐骨」とはお尻にある触れると触ることが出来る大きな骨であり「坐る(座る)骨」と書く通り座る時に支える骨になります。この記事の裏テーマでもあるのが「深く座らない」と書いたところです。「深く座らなければ浅く座ればいいの?」と聞かれるのも当然です。しかし、「浅く座りましょう」とは伝えられません。やはり、座る姿勢が気になる方の中には「浅く座る」ことをしてしまう方も多いのです。

 浅く座るとこの坐骨だけで支えることになり、2点で身体を支えることは不安定にだからです。だからこそ、坐骨だけで支えるのではなく、太ももの真ん中も当たることで安定感が生まれます。

 そうなると「イスに深く座れば「4点」で支えていることにならない?」と思われるかもしれませんが、ここがポイントになります。「深く座る」と表現をすると、今度はイスの形状の問題が出てきます。これはそのイスの座面の深さや奥行に差がありますので、一概に深く座ったほうがいいとはお伝えできないのです。

 例えばイスにも座面が広いものや深いものがあれば、後方の背もたれも色々な形状がありますので、「深く座る」というように考えてしまうと、腰に負担がかかりやすくなります。その一つに「自動車のシート」があります。あれは「腰痛製造マシン」と呼んでもおかしくないと思っていますので、気を付けないといけません。

 4点でしっかり支えることを意識していればどのイスでも身体に負担無く座りやすくなります。「イスに深く座る」より「坐骨と太ももの真ん中の4点」がイスに座面に乗っているようにしてみてください。

ページトップへ戻る

営業案内

【TEL】
03-3682-1720 (予約優先制)
【営業時間】
平日:10時30分~22時00分
   (受付は21時まで)
土日祝:9時30分~19時00分
   (受付は18時まで)
定休日:火曜
【住所】
東京都江東区亀戸4-18-11 近藤ビル1F
JR亀戸駅より徒歩5分

地図

大きい地図はこちら

脚の専門整体

予防する亀のブログ 院長ブログ