• トップページ
  • 当整体院について
  • 料金・コース
  • よくある質問
  • アクセス
トップ > コラム記事一覧 > 身体の話。 > 旅行の疲れは早めに回復させましょう。

旅行の疲れは早めに回復させましょう。

 旅行の疲れは早めに回復させましょう。旅行に行っている間は楽しくて、疲れを感じることは少ないですが、自宅に帰宅すると「我が家が一番」と実感し、その日はよく眠れるものです。それはやはりそれだけ身体が疲れているのです。若いうちはそれでもいいのですが、それだけではなかなか旅行の疲れは取れないものです。そして、旅行の疲れが時に尾を引いてしまうことがあります。

 旅行に出れば楽しいと思う反面、いつもとは違う場所にいるというのはそれだけ身体が緊張興奮しているものです。だからこそ、帰ってきたときには疲労が身体の中に残ってしまうのです。

 また、旅行の移動は様々な乗り物に乗って移動することがほとんどです。飛行機や新幹線、電車そしてなど旅行に欠かせない乗り物は長時間その座席に自分自身を拘束しているので、身体全体、そして腰に対して普段の何倍も負担をかけてしまいます。

 「海外旅行行って、腰が痛くなった」「長時間車の運転をして、動けなくなった」など乗り物の座席に座り続けることで腰の痛みを訴えるお客様はたくさんいらっしゃいます。ただでさえ「座ることは腰に負担をかけている」ものですが、旅行に出ている時、楽しさのあまり、自分の身体の変化に対して、慢心したり油断したりして、判断を誤ることで腰痛が悪化してしまうことがよくあります。

 当院にいらっしゃるお客様にも旅行に出る場合には「乗り物の座席に対しての座り方」の指導はよくします。「そんなのに座り方ってあるの?」と聞かれますが、普通にイスに座るだけでも腰に負担をかけているのに、乗り物の座席ならばなおさらです。だからこそ、楽しい旅行を満喫するためにも一つ座り方の注意をしていかなければなりません。面倒くさいかもしれませんが、ちょっとしたコツみたいなものなので、行ってもらえると効果を実感してもらえます。

 当院にいらっしゃるお客様の中には旅行から帰ってきた次の日などに疲れを取りに来る方も多いです。疲れているときにはご自身では気づきづらいものですが、身体の筋肉が緊張し、背骨や骨盤など関節の動きが小さくなっているものです。それだけで痛くなったりするものではありませんが、そのまま放っておいては、身体のバランスを崩し、次の肩こりや腰痛となる原因となってしまうものです。

 疲労と負担は身体の痛みの原因に繋がります。帰ってきたら旅行バッグを開けて、荷物を片付け、日常生活に戻るように、自分の身体も疲労をとって日常生活に戻れるようにしていきましょう。

ページトップへ戻る

営業案内

【TEL】
03-3682-1720 (予約優先制)
【営業時間】
平日:10時30分~22時00分
   (受付は21時まで)
土日祝:9時30分~19時00分
   (受付は18時まで)
定休日:火曜
【住所】
東京都江東区亀戸4-18-11 近藤ビル1F
JR亀戸駅より徒歩5分

地図

大きい地図はこちら

脚の専門整体

予防する亀のブログ 院長ブログ